日本における評議会は日本の秩序を保つ存在

Filed in 未分類 コメントは受け付けていません。

日本にある評議会は、ときに国会と呼ばれることもあります。
また、評議会・国会に出席するのは、議員が基本ですが、自治体などの各行政機関による評議会の場合はその限りではありません。
日本の秩序を保つ上で、評議会の役割は非常に重要なものとなっています。評議会で取り上げられることは、日本国民にとっても重大なものである。
そのため、議員に対しては、色々な面で目を光らせています。国の代表者として、そしてお金に左右されず、法にそむいていない状態が望ましいといえます。
日本をよりよくするか、現在の国の問題点をどう改善していけばいいかという場合にも、評議会での話し合い・決定が必要になります。
たとえ、一度決定されたことであっても、その後時代とともに適した決定ではなくなったと判断されれば、再び話し合いの場がもたれ、新たな決まりへと発展していくこともあります。

借金問題、企業倒産問題などを得意とする法律事務所です。逆に不得意な分野はお断りしますのでご安心ください。ベストフレンド法律事務所はどさまざまな問題に親身になって相談してくれます。

役割がいまいちわからないという場合は、次のように考えると分かりやすいです。
日本において、評議会以上の重要決定の場はないと考えて間違いではありません。
裁判所なども重要な場といえますが、決まり・制度を作ったり、法の構成を求める場としては少し違います。評議会では、日本の基本的な人権・生活にからむ問題から、経済や雇用に関するもの、福祉や高齢化社会、そして日本の将来がかかっている政治に関連する問題までを扱っていきます。まさに、日本の秩序を保つ存在を担っており、日本の発展に欠かせない重要な存在といえます。だからこそ、日本の若い人たちにも関心を持ってもらいたいと、若い世代が現在関心を寄せている問題や、興味を持ちやすい内容を取り上げるなどの工夫が行われることもあるのである。日本で行われる評議会への考え方は、世界の国々とに似通っているところもありますが、国によってはもっと重要な中枢部分が存在することもありますし、そもそも違った形で法律がつくられたり、話し合いが進められたりする国もあります。

衆院をチェックする良識の府・参院

参院は定数242名、任期を六年とする海外でいうところの下院にあたるもので、三年ごとに半数の改選が行われます。
任期が長いことから衆院の動きをチェックする機能を担っており、良識の府とも呼ばれるようになっています。
首相の首班指名や予算の議決に関しては当然のことながら衆院が優先することになりますが、法案については参院で否決されれば衆院議員の三分の二以上の賛成を得られないと再可決できないことから参院としてのチェック機能を発揮する場となっています。
とくに昨今では衆院の第一党と参院の第一党が異なるというねじれ現象をおこしていることから、あらゆる法案がすんなり参院を通過しない状況になっており、参院の存在感が大きくなってきています。
参院は都道府県単位の選挙区制と全国単位の比例代表制の並立制であり同一人物が双方へ重複立候補することはできません。
比例代表制は198三年から導入されているもので、著名人、有名人などが有利になるため、衆院とは別にスポーツ選手や著名人が数多く出馬することでも知られています。参院の場合任期が決められており、しかも長期であることから、ひとつのテーマや法案といったものにじっくり取り組むことができることができることから議員も精通する領域をもつ人が多く、そういう意味でも衆院議員とは異なる深い知見をもった議員が存在することは注目に値するものである。
ただ、議員定数の削減といった大きな課題をめぐってはその存在を今後どうしていくかといった議論は常に巻き起こる存在でもあり、今後の議員の定数問題が参院にどのような影響をもたらすことになるのかについては、引き続き注目していくべき課題となっています。ちなみに201三年は七月に参院選挙が予定されている状況で、現在の衆参の議員数のねじれが解消していくかどうかといった点も大きな注目ポイントとなってきている状況となっています。

TOP